広島市南区の「こじらせない」相続・離婚が専門の行政書士事務所です。

法定相続人

法定相続人とは

ある人が亡くなった場合に、亡くなった人の遺産を誰が受け継ぐのか、については、民法に詳しく定められています。この民法に定められた人の事を「法定相続人」といいます。また、民法では亡くなった方を「被相続人」、遺産を相続する人を「相続人」と呼んでいます。

法定相続人の範囲と順位

法定相続人の範囲は以下のようになります。

順位

概要

配偶者 配偶者(夫、妻)は常に相続人になります。(内縁の夫、妻は相続人になれません)
第@順位(直系卑属) 子供、子供が死亡していれば孫が相続人になります。
第A順位(直系尊属) @の相続人がいない場合は、父母が相続人です。父母が亡くなっている場合は祖父母が相続人になります。
第B順位(兄弟姉妹) Aの相続人もいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹が亡くなっていれば、その子(甥や姪)が相続人になります。

 

 

相続人の図

 

 

 

※上記の説明で、孫、甥や姪が相続人になることを「代襲相続」といいます

代襲相続

相続が開始した時にすでに亡くなっていたり、相続欠格に該当したり、相続人の排除があった場合に、その人の子供や孫が代わって相続できることがあります。これを「代襲相続」といいます。
代襲相続できるのは、直系卑属と兄弟姉妹で、直系卑属は何代でも代襲(これを再代襲ともいいます)できますが、兄弟姉妹は甥や姪までで甥や姪の子は代襲相続できません。

法定相続分とは

相続人が複数いる場合は、財産を分配しなければなりませんが、どういう割合で分けるかという事を民法は定めてあります。これを「法定相続分」といいます。

相続人の組み合わせ 法定相続分
配偶者のみ 全部
配偶者+子供

配偶者 = 2分の1
子供  = 2分の1
※子供が複数人いる場合は2分の1を子供の数で分けます。 

配偶者+直系尊属(父、母など)

配偶者 = 3分の2
直系尊属= 3分の1
※直系尊属が複数いるときは3分の1を均等に分けることになります。

配偶者+兄弟姉妹

配偶者 = 4分の3
兄弟姉妹= 4分の1
※半血兄弟(異父兄弟、異母兄弟)がいる場合は全血兄弟の1/2です。

子供のみ
直系尊属のみ
兄弟姉妹のみ

全部
※同順位者が複数いる場合はその数で均等に分けます。
※半血兄弟の法定相続分は、全血兄弟の1/2です。

トップへ戻る